五月病

こんな症状を感じたら・・・。

  • 「会社に行きたくない」
  • 「何もやる気にならない」
  • 「食欲が無いし、なんだかとても疲れる」
  • 「イライラ感がある」

 

ゴールデンウィークが明ける頃に、こんな症状を感じたら・・・。
もしかしたら五月病の症状かもしれませんね。

 

五月病は新社会人や新入生等、生活の環境が変わった人、つまり新しい職場や学校に適応させようと頑張ってきた人に現れる症状です。

 

五月病は適切な知識と対策法で乗り切ることが出来ます。

 

当サイトでは五月病の原因から症状、様々な対策法などお役に立てる情報を掲載しております。

五月病対策NAVI コンテンツ一覧

五月病とは

一般的に言われている『五月病』とは、4月になり、新しい学校や職場などの新生活を送る際、初めの1か月は気を引き締めているのですが、5月頃になるとその生活にも慣れてきて、気が緩みはじめます。
その時に、気分が悪くなったり、体がだるくなったり、モチベーションが上がらなくなったりすることをいいます。

 

これは、新生活を送るにあたって希望や期待に胸をふくらましていることが多いですが、新しい環境になじめずに理想と現実のギャップについていけず、このことに悩んでしまうことがあるからです。

 

 

そして、五月病は、大学生が新入生としてスタート切り、GWをきっかけにストレスを感じるようになり、無気力になることからはじまったことだそうですが、現在では大学生に限らず、学生や社会人にでも起こる症状です。

 

そして、五月というのもこのことであり、新環境になってから数週間すぎたころに起こる症状となっています。
そのため、五月病というには正式な病名ではなく、俗名です。
また、もちろん概念や定義もありません。

 

しかし、専門医の間ではアパシーシンドロームとも呼ばれているそうですが、医学的には、適応障害に部類されると考えられています。

 

そして、この五月病の怖いところは、新生活に期待をしていた分、こんなはずではなかったという気持ちからさらに色々な症状を起こす可能性があることです。

スポンサードリンク